×

フードトレンド

(R)ESTATE CON POMÌ(POMÌと一緒に過ごす夏) エピソード1 アンティパストと軽食

夏のディナーを始めるのにぴったりのおいしいアンティパストをお探しなら、こちらをどうぞ

(R)Estate con Pomì(Pomìと一緒に過ごす夏) エピソード1 アンティパストと軽食

温かくても、冷たくても美味しい、そして何と言っても手軽で素早く、多様な場面で活躍!そんな夏にぴったりのアンティパストと軽食は、あらかじめ用意しておいて、後でゆっくりと楽しめます!

(R)Estate con Pomì(Pomìと一緒に過ごす夏)最初のエピソードでは、あらかじめすべてが予定された友人たちと過ごす夕べや家庭でのディナーのように、事前に作り置きしたり、もちろん直前に用意することもできる、アンティパストに最適なメニューをご紹介します。いずれも、解凍して組み合わせ、短時間でサーブするのにぴったりのメニューばかり。

夏のディナーを始めるのにぴったりのおいしいアンティパストをお探しなら、こちらをどうぞ

食べ始めたらやめられない

「…1本だけ」と思って開けたグリッシーニの袋が、気づいたら空っぽになっていた…そんな経験はありませんか?そんなあなたは、我々同様食べ始めたらやめられないチームの一員ですね。さて、この夏のアペリティフ向けに、完全ホームメイドの軽食セットをご紹介します。グリッシーニクラッカーパニーニタラッリ、ミニフォカッチャ…そして(ズッキーニベースのライトバージョンもある)ミニピッツァも欠かせません。これらの前菜の真の秘訣は、どの生地も事前に準備して、冷凍しておけることです。イベントの数時間前に解凍して、必要な調理時間だけオーブンに入れれば、あっという間にアペリティフの完成!

フィンガーフード

おいしくて食器不要!フィンガーフードなら、フォークやナイフを食器棚から取り出すことなく、手軽につまんで楽しめます。しかも一口で!まず最初はポルペッテ。オリーブとトマト味わい深く、それともツナベースで繊細な味わいを。いずれも夏らしさ全開(ミコノス風ポルペッテもお忘れなく)のレシピです。伝統的な郷土料理がお好みなら、糸をひくローマのスップリから、シチリアまで下って食欲をそそるアランチーニまで、食めぐりをお楽しみください!

タルト・タイム!

No, non siamo ancora giunti al dessert! Ma c’è sempre spazio per una torta, da gustare salata a inizio pasto. La panoramica degli antipasti non può rinunciare all’emblema della convivialità e (perché no) anche della praticità (si prepara in un attimo ed è una soluzione svuota-frigo): la torta salata, ricetta ideale per l’aperitivo estivo. Sulla tavola fa un figurone ed è gustosissima anche servita fredda! Noi di Pomì vi consigliamo tre ricette:

  • 地中海風チャンベッラ・サラータ塩味のリングケーキ
  • キッシュ・ロレーヌ
  • タマネギのトルタ・サラータ(塩味のタルト)

7月はプリモピアットについてのエピソード2をお届けします。
それまで楽しい夏をお過ごしください!

 

ダイアリー

ALSO IN FOOD TRENDS

フードトレンド

詰め物パスタ:イタリアには何種類ある?

詰め物パスタは、イタリアの食文化において非常に重要な役割を果たしています。実際にイタリアでは、味覚と伝統がその国民性を表す2つの基本的な要素です。文学、絵画、彫刻、そして一般に人間の創意工夫と精神の証であるすべての芸術作品に加えて、ヨーロッパのこの地域では、食事と気の置けない人々とリラックスして食卓を囲むことが特に重要視されています。

フードトレンド

パッサータディポモドーロ(トマトピューレ):イタリアの北から南まで地域色豊かなソースのベース

イタリアの食文化において、ソースは不可欠な要素で、味わいと食の伝統を結びつけるものです。料理におけるイタリアのアイデンティティは、北から南まで地域ごとに異なる多様な調味料を通じて表現され、パッサータディポモドーロはほとんどのレシピに欠かせないベースです。 

フードトレンド

映画におけるパスタ:イタリア映画と日本映画に登場する代表的なレシピ

映画と料理は、まったく異なる2つの芸術です。しかし、そのどちらも普遍的な表現となるパワーを秘めています。映画は、文化の壁を超えて心を動かす視覚的なストーリーを伝えます。一方で料理は、深い記憶や感情を呼び起こす感覚的な体験を提供して、魂に直接語りかけます。