×

カットトマト、トマトピューレとその他の製品

I LOVE LASAGNE (ラザニアが大好き!)

イタリアの日曜日や祝祭日の食卓を彩る料理として、世界中に広まり、親しまれていますが、その起源は非常に古いものです。

I Love Lasagne (ラザニアが大好き!)

イタリアの日曜日や祝祭日の食卓を彩る料理として、世界中に広まり、親しまれていますが、その起源は非常に古いものです。実際、古代ローマ人の語彙には「ラザノン(lasanon)」または「ラザヌム(lasanum)」と名付けられた専門用語が見られます(「De re coquinaria」アピシウス著、BC25-AD37)現代のレシピに似たレシピに出会うのはルネサンス期に入るまで待たねばなりません。

ラザニアは、ヤコポネ・ダ・トーディやチェッコ・アンジョリエーリ(「Chi de l'altrui farina fa lasagne, il su' castello non ha ne muro ne fosso(他人の小麦粉でラザニアを作る者、その城には壁も堀も存在しない)」)といった13世紀の重要な詩人によって「歌われて」います。

フランチェスコ・ザンブリーニの「14世紀の料理書」(1863年)やペレグリーノ・アルトゥージの有名な「厨房の学とよい食の術」(1891年)には、古代のレシピが紹介されています。

伝統に則り、緑色や白色で調理されることもあります。

ラザニア・アッラ・ボロネーゼは緑色で、卵パスタとほうれん草で調理し、ミートソース、ベシャメル、パルメザンチーズをトッピングしています。

しかし、ナポリでは、ミートボールで味付けをしてリコッタ、ペコリーノをトッピングして、白色にするのが一般的です。

好奇心旺盛な人たち

その他にも、ブーツ(イタリア)全体に数多くのバリエーションが存在します!

その中でも有名なのが、リグーリア州のものです。実は、1100年代にはラザニアが船員達の好物だったようです。

また、現代では、Korefe Design Studioが、生パスタのシートで作った食べられるレシピ本「The Real CookBook」を手がけており、美味しいラザニア作りに欠かせない存在となっています!

もし、伝統的な家庭料理のバリエーションを楽しみたいのであれば、「茄子のラザニア」のレシピはいかがでしょうか!

シネマでラザニア!

アメリカのスリラー映画「ゆりかごを揺らす手」(The Hand That Rocks the Cradle, 1992)-カーティス・ハンソン監督作品では、ラザニアがすべての女性の成功のための必須アイテムであるかのように描かれています。

アダムソンとジェンソンによるアニメーション映画「シュレック」では、ラザニアがとにかくたまらない!ということになっています!

ドンキーのキャラクター以外で…

«みんなが好きなものって、他に何があるか知ってる?ラザニア!「ラザニアを食べよう」と言ったら、

と言うと、その人はこう答えるんだ。「ラザニアは好きじゃないんだ。」

「ラザニアはおいしいよ」»。

We love Lasagne!!(ラザニアが大好き!)

And You?(あなたは?)

ダイアリー

ALSO IN FOOD TRENDS

カットトマト、トマトピューレとその他の製品

アイ ラブ ピザ

イタリアの国旗そして象徴とも言えるピザは、世界中で最も愛されている食事で、イタリアだけでも5万件のピッツェリアと7,5kgの消費量を誇り、毎年およそ10億ユーロに及ぶビジネス産業です。

カットトマト、トマトピューレとその他の製品

I Love Maccheroni

マッケローニ、マカロニ、マカローニズイタリア料理の定番であるマカロニには、非常に多くの語源ががあります。

カットトマト、トマトピューレとその他の製品

I Love Tortellini (トルテリーニが大好き)

詰め物が入ったパスタの中では、一番小さい。それがトルテリーニ! マンマ(お母さん)はいつも、生パスタを麺棒で伸ばしている。