×

カットトマト、トマトピューレとその他の製品

I LOVE MACCHERONI

マッケローニ、マカロニ、マカローニズイタリア料理の定番であるマカロニには、非常に多くの語源ががあります。

I Love Maccheroni

ギリシャ語のmakròn「長い」、makarìa「大麦粉とスープを混ぜ合わせたもの」、macàr「祝福された者の食べ物」にまで遡ります。

マグナ・グラエキア(シチリア島一帯を指す名前)の時代から広く使われていたこの言葉は、マカロニ料理の名人であるナポリ人が解明するまで、あらゆる種類のパスタを無差別に表す言葉として使われていました。

マカロニは「ストローみたいな形状のあの長いパスタ...水で茹でて、チーズやトマトソースをかけて食べるもの」です。

そして、少なくとも1830年にイギリスの「Penny Magazine of Useful Knowledge」でこの料理が紹介されるまでは、プンマローラ(ナポリ方言でトマトソース)、チーズと胡椒を振りかけるという伝統的なレシピが最も一般的でした。

13世紀、この時代の乾燥パスタは非常に高級食材で、ジェノバの公証人Ugolino Scarpeが軍人Pnzio Bastoneの遺産として「マカロニ満杯の箱」(una Bariscella plena de macaronis)を1279年2月4日に公正証書に記載しました。

19世紀には、健康的で栄養価の高いマカロニを街角で調理していた露天商、マッケローナリが初めて写真に撮られたこともありました。

しかし、マカロニが世界の食卓を制したのは、すでに16世紀のことでした。

まずフランスの宮廷で、プラチナという異名を持つ美食家バルトロメオ・サッキとカテリーナ・デ・メディチによって「持ち込まれ」、次にイギリスで、技術辞典や演劇にも「マカロニ」にも登場するようになりました。

18世紀のマカロニはまさにアイコニックな存在だったのです。

料理だけでなく、歌や詩、ソネット(十四行詩)にもインスピレーションを与え…

文学的なマカロニ

有名な作家の中には、ソネットのおかげで「プリンス・オブ・マカロニ」という称号を与えられたジャコモ・カサノヴァがいました(1734年)。

「誰が奥さんにお願いして

そして、おいしい夕飯を作る

カルデロン(大なべ)で

マカロニを釜でいっぱい作らなければ。」

そして、マカロニをめぐって、ジャコモ・レオパーディとジェンナーロ・クアランタが互いに対立していました。

前者は、ナポリ人の無限の食への愛情を嘲笑し(「すべて自分の不利益になるのはナポリのマカロニ擁護論。誰もがなによりもマカロニを優先し、それはマカロニにとってあまりにも重い。」(1835年)後者は...レオパルディを馬鹿にしています。

「あなたは不幸で病弱な

レカナーティの崇高な神、

神であり、自然と運命を冒涜し、

恐怖で自分の中をさまよっていた。

 

ああ、あなたの剛毛の唇も、

あなたの明るく窪んだ目も、決して笑わなかった、

なぜなら...あなたはマルタリアティ(パルマのひし形パスタ)、卵焼き、パイが

好きではなかったからだ!

 

でもマカロニが好きだったら

ユーモアをブラックにする本より、

苦い病気にはならないだろう...

 

しかし、もしもあなたがそのようなマカロニを愛していたなら、

おそらく90歳か100歳になるまでは、

陽気で快活な人になっていたでしょう。」

 

好奇心旺盛な人たち

1400年から1500年にかけて、テオフィロ・フォレンゴを代表とするゴリアール(ラテン語風刺詩)である「マカロニック詩」が確立されました。

マカロニックという用語は、洗練された言語とは対照的に、ラテン語とイタリア語の卑語を入れ替えることによってそれらを混在させるような、混沌とした言語を定義するために今日でも使用されています。

そして、1855年にジョアッキーノ・ロッシーニによって書かれた、今日でも通用する「文学的なマカロニ」のためのオリジナルなヒントを紹介しましょう。

「マカロニを食欲のそそる料理にするには、良質の麺、上質のバター、上質のトマトソースとパルメザンチーズが不可欠、調理し、味付けし、盛り付ける知的な調理人も必要です。」

We love Maccaroni!(マカロニが大好き!)

And You?(あなたは?)

ダイアリー

ALSO IN FOOD TRENDS

カットトマト、トマトピューレとその他の製品

アイ ラブ ピザ

イタリアの国旗そして象徴とも言えるピザは、世界中で最も愛されている食事で、イタリアだけでも5万件のピッツェリアと7,5kgの消費量を誇り、毎年およそ10億ユーロに及ぶビジネス産業です。

カットトマト、トマトピューレとその他の製品

I Love Lasagne (ラザニアが大好き!)

イタリアの日曜日や祝祭日の食卓を彩る料理として、世界中に広まり、親しまれていますが、その起源は非常に古いものです。

カットトマト、トマトピューレとその他の製品

I Love Tortellini (トルテリーニが大好き)

詰め物が入ったパスタの中では、一番小さい。それがトルテリーニ! マンマ(お母さん)はいつも、生パスタを麺棒で伸ばしている。