×

カットトマト、トマトピューレとその他の製品

パスタ・アル・ポモドーロの決定的なレシピ

昔から、いつまでも。伝説的なパスタ・アル・ポモドーロ(トマトソースのパスタ)は、世界一有名なイタリアの伝統料理なだけでなく、私たちの記憶からは切っても切り離せないものです。言葉にするだけで、記憶に蘇るあの味わい深い本物の味…

パスタ・アル・ポモドーロの決定的なレシピ

…パスタ・アル・ポモドーロ。周知のとおり、贅沢さはシンプルなものに宿っています。そしてトマトとパスタは、決して時代遅れになることのない本物の完璧なマリアージュなのです。

 

幼い頃から私たちを捉えて離さないイタリアのエクセレンス。まだ歩くこともままならない頃、私たちはソースでお腹いっぱいにしながら、まっさらなテーブルクロスに染みをつける喜びを知りました。

パスタ・アル・ポモドーロは、映画のシーンをも有名にしています。Un americano a Roma(ローマのアメリカ人)』を象徴するスパゲッティのシーンから、『食べて、祈って、恋をして』でジュリア・ロバーツがトマトソースのスパゲッティのおいしさに興奮するシーンまで。このパスタのレシピに関しては、本も書かれています -マッシモ・モンタナーリ著『Il mito delle origini. Breve storia degli spaghetti al pomodoro(起源の神話。トマトソースのスパゲッティの簡単な歴史)』 - が、なによりも大きな議論を呼んでいるテーマでもあります。

なぜなら、誰もが独自のレシピを持っていて、誰もその正当性を譲ろうとはしないからです。そして実際に、見た目には非常にシンプルで、作るのはあまりにも簡単なように思われるものの、実はそのシンプルさの陰に、数多くの疑問が隠されているのです。

 

パスタ

リングイーネ、コンキリオーニ、ペンネ、ファルファッレ…おいしいトマトソースのパスタを作ることができるパスタの形はなんと多様なことでしょう!それでもやはり、定番中の定番スパゲッティです!

 

トマト

食感を楽しむならキューブ状、素朴な本物の味を出すならポルパ(果肉)。しかしながら、スパゲッティ・アル・ポモドーロのレシピに最も合うのは滑らかさ、申し分なく、そしてかつてないほどに包み込むようなPomìのトマトのパッサータ(トマトピューレ)です。

 

レシピ

それでは、この非常にシンプルで本当に美味しいパスタの作り方をご覧ください。昼食や夕食(時によっては朝食にも、あるいは仲間と夜遅くまで楽しんで帰宅した夜中に)、どの食事にもうってつけで、子どもから大人まで、皆に愛されているメニューです。

 

材料

  • Pomìのパッサータ(ピューレ)500g
  • 全粒粉スパゲッティ320g
  • エキストラバージンオリーブオイル40g
  • ニンニク1かけ
  • バジルの葉

  •  

作り方

オリーブオイルをひいたフライパンでニンニクを軽く炒め、ニンニクが色づいたら丁寧に取り出します。

Pomìのパッサータ(ピューレ)とバジルの葉を加え、5分間強火で火を通し、塩を加えます。

パスタに移ります。塩を入れたたっぷりのお湯でスパゲッティをゆで、アルデンテの状態で湯切りをし、フライパンに入れます。数分かけてソースをスパゲッティによく絡めてから、お召し上がりください。

盛り付けのアドバイス:大きなフォークとレードルを使ってスパゲッティを巻き、皿の中央に盛り付けます。生のバジルの葉を飾り付け、サーブしましょう。

 

湯気の立つトマト味のパスタを前にして、誰が手をつけずにいられるでしょうか?

私たちにはもちろん無理です!

ダイアリー

ALSO IN FOOD TRENDS

None

カットトマト、トマトピューレとその他の製品

Pomìで秋の料理

秋の夜長を豊かに過ごすための美味しいレシピとは?お腹も心も温かくなるスープがお勧めです。

None

カットトマト、トマトピューレとその他の製品

おいしくて美しい

8月になったら買い物カゴに入れて、太陽の下で味わいたいおいしくて美しい旬の製品をPomìと一緒に見ていきましょう。

None

カットトマト、トマトピューレとその他の製品

イタリアと黄金のリンゴの間の終わりの無いラブストーリー

これはトマトの歴史です:遠方から訪れ、イタリアの輝く太陽、温暖な気候、土壌の特性、空気と水の質と適合し、そこの土壌が無二の友となりました。