×

Pomìの私たち

サステナビリティのために技術は今、畑に用いられます

食料生産は、気候変動の主な原因の1つです:FAOのデータによると、廃棄物の54%、「ルーツ」とも言える、食物の生産、収穫、加工段階から発生するそうです。

サステナビリティのために技術は今、畑に用いられます

どの様にして食物は気候変動に立ち向かうことが出来るのでしょうか?地球の未来を変えるために、生産は個人の食習慣を補うことが出来るでしょうか?


食料生産は、気候変動の主な原因の1つです:FAOのデータによると、廃棄物の54、「ルーツ」とも言える、食物の生産、収穫、加工段階から発生するそうです。しかし農業気候変動に対応するための根本的な方策となり得ます。そしてデジタル技術とは、畑から始まる、更に倫理的サステナビリティ的になった消費モデルの戦略的推進力です。

ハイクオリティなサプライチェーンPomìにとって常に誇るべきことでした。 これは、人間と地球の未来のウェルビーイングへ与える影響を最小限に抑え美味しくてクリーンで、ヘルシーな食物の生産において、具体的な手本になれる様、常に先を見据え、過去の教訓から最善を導き出し、現在のイノベーションを採用してきたことを意味しています。

これらの前提から、農法の根本的なノウハウと「ファーミング 4.0のイノベーションの相乗作用を用いた、環境を配慮した実践を基盤とする農業と生産ビジネスをサポートする意思がPomìに誕生しました。

全ての観点においてサステナビリティはパスワード


近接とテクノロジー:サステナビリティの為の二つのキーワード

2018年以の降農業食品部門は、ショートフードサプライチェーンと言う概念において革新的な発展を見せています。基本的に畑と加工現場の距離が50 km以下であるショートサプライチェーンモデルを常に確信してきたPomì社にとって、近接と言う要因は特に新しいことではなく、そこには「工場に鮮度を落とさず配送可能」なので、トマトの品質が良くなると言うことだけでなく、輸送の際のCO2排出量削減できると言うプラスの効果が現れています。

Pomì社のショートサプライチェーン近接関係にも現れています:常に直接関わり合いながら仕事を行っている組合の農民とPomì社の農業者間の関係がそれに値し、彼らは環境、安全、倫理、品質、トレーサビリティ、効率のレベル向上を保証するために、トマトのバリューチェーン全体に沿って統合された革新的な技術ソリューションのサポートを期待することができます。

トマトの苗木の必要性の予測推定を基にした灌漑システムの最適化から、土壌の健康状態の鑑識を行うための自動リアルタイム分析まで、ワイヤレス接続、モノのインターネット、自動化等の技術的にハイレベルなソリューションは、サプライチェーン全体を強化し、廃棄物とトマト栽培による環境への総合的な影響を減らすことができます。

そして常にテクノロジーは、生産チェーンを消費者により近づける情報に関する近接性の新しい形式と、透明性に完全に基づいた信頼協定を促進します。

ソーチャルフットプリントプロジェクトと共に、最高のトレーサビリティを保証し、新しいレベルの食品安全性を確保するために、ブロックチェーンアプローチはトマトのサプライチェーンに役立つでしょう。目的:消費者が質の高いサプライチェーンの全段階と関係者を着実に知り、栽培から加工、最終的に陳列されるまでをチェック、検証出来る様、トマトの原産地についての詳細な情報を通じ、品質と全行程の信頼性を消費者に保証するために、考えうる全ての不明なゾーンを排除することです。


Pomìは情熱の物語であるだけでなく、
サステナビリティ貢献におけるイノベーションな未来でもあるからです。

 

ダイアリー

ALSO IN FOOD TRENDS

None

Pomìの私たち

美味しさはクリスマスを超えて

クリスマスには、誰でも懐がより深くなるもの。

None

Pomìの私たち

畑でのマナー

キロメートル・ゼロの原則に着想を得た、Pomìの短く誠実なサプライチェーンの価値を完全に表している教えです。だからこそ、私たちは製品の原料として、近くで栽培されたトマトを選ぶことに決めています。

None

Pomìの私たち

夏、Pomìのトマトの季節

生産者組合の土地に最高のトマトが実り、私たちPomìが収穫・加工キャンペーンでその出来を祝う準備をするのが夏です。柔らかなパッサータ(ピューレ)から、本物のポルパ(果肉)、そしてキューブ状のものまで、様々な形でトマトを食卓にお届けするために…。