30 分 難易度高

こちらをお使い下さい

こちらをお使い下さい

パッサータディポモドーロはイタリアのキッチンの中でも良く使われる材料の一つです。簡単で素早く、そして美味しくて味わい深い色々なレシピをポミは実現させます。パスタは勿論、卵料理やお肉料理まで幅広く貴方の食卓で活躍します。地中海料理の主役、ポミのパッサータディポモドーロは、本物で一度味わえば忘れない程の濃厚さとクリーミーでいて新鮮な薫り、イタリア産100%の厳選されたトマトのみを使って丁寧に作られています。 どのように作られているのでしょう トマト達は収穫後、直ぐに製造工場へ運ばれ、選ばれ綺麗に洗った後に皮と種を除くために専用の濾し器に通されます。 パッサータは専用の容器に入れられ、低温真空されてお店の商品棚から貴方の食卓へ安全に届きます。新鮮、クリーミー、濃厚:直ぐに料理に使えて定番の味わいを貴方も是非試してみて下さい。

探ろう
30 分
調理時間
難易度高
難易度
材料 4人
原材料
パッサータディポモドーロ (裏ごしトマト)トマトピューレ 700g 80 g
乾燥オレガノ 1 つかみ
卵 4個
小麦粉120 g
パン粉120 g
粉パルメザンチーズ200 g
下準備

材料が滑らかで柔らかい状態になるまでエネルギッシュにこねる。
バターを焙り出している間に冷蔵庫で数時間ねかせる。
冷蔵庫に寝かせたドウを鍋に入れて湯煎する。
バターを潰さぬよう、表面に白い膜ができるまでそのままにする。白い膜ができたら穴の空いたおたま又はスプーンで溶けたバターの灰汁を取り除く。

バターをもう少し焙り続け、鍋の底にカゼインが沈殿するのに気がつくはずなのだがその頃、バターは深い黄色となる。
おたまですくってガーゼ又はリネンの布で覆われた濾過器に焙りだしたバターを集めて抽出する。 底に溜まったカゼインをかき散らしたりバターを混ぜないように気をつける。
ポテトマッシャーで漉して、塩を含んだたっぷりのお湯で茹で、浮かんできたらすくって、大さじ一杯の焙ったバターをフライパンに入れてバジルの葉と一緒に焼く。

レシピ

こちらもどうぞ