40 分 難易度中

こちらをお使い下さい

こちらをお使い下さい

パッサータディポモドーロはイタリアのキッチンの中でも良く使われる材料の一つです。簡単で素早く、そして美味しくて味わい深い色々なレシピをポミは実現させます。パスタは勿論、卵料理やお肉料理まで幅広く貴方の食卓で活躍します。地中海料理の主役、ポミのパッサータディポモドーロは、本物で一度味わえば忘れない程の濃厚さとクリーミーでいて新鮮な薫り、イタリア産100%の厳選されたトマトのみを使って丁寧に作られています。 どのように作られているのでしょう トマト達は収穫後、直ぐに製造工場へ運ばれ、選ばれ綺麗に洗った後に皮と種を除くために専用の濾し器に通されます。 パッサータは専用の容器に入れられ、低温真空されてお店の商品棚から貴方の食卓へ安全に届きます。新鮮、クリーミー、濃厚:直ぐに料理に使えて定番の味わいを貴方も是非試してみて下さい。

探ろう
40 分
調理時間
難易度中
難易度
材料
原材料
パッサータディポモドーロ (裏ごしトマト)トマトピューレ 700g 300 gr
インゲン10個
シャンピニオン6個
にんにくひとかけ
全卵4個
塩、コショウ適量
暖かいごはん2膳
オリーブ油適量
牛乳牛乳
玉ねぎ1個
白ワイン適量
鶏胸肉200 gr
下準備

まずはトマトソースを準備します。玉ねぎをみじん切りにし、半分の量を小鍋にオリーブ油をひとかけのニンニクと一緒にいれ、弱火で炒めます。火が通ってニンニクの香りがしてきたら、パッサータディポモドーロの半量を加え約10分ほどそのまま弱火で火を通します。塩を加えて味の調節をします。

フライパンに残りの玉ねぎのみじん切りと、オリーブ油を入れ中火にかけ、火が通ったら角切りにし、塩と胡椒を振った鶏胸肉を加え、表面に火が通ったら白ワインを加えてアルコールを飛ばし、そこに薄切りにしたシャンピニオンと輪切りにしたインゲンを加えて火を通します。

全体に火が通ったら、残りのパッサータディポモドーロを加え、全体を良く混ぜ暖かいご飯を加えて良く混ぜ合わせます。お皿にチキンライスを小高い丘の様に作ります。

卵液を作ります。4個の全卵をすべてボールに割り入れ、牛乳を加えてフォークで良く混ぜ合わせます。

良く熱したフライパンにオリーブ油を入れ、半量の卵液を入れ、フォークで軽く混ぜながら火を入れ、完全にひが通る前にチキンライスの上に載せます。

先に作っておいたトマトソースを添えて出来上がり。

レシピ

こちらもどうぞ